これから始まる超スマート社会(Sosiety5.0)は、AI(人工知能)の登場により、多くの仕事が代替されることが予測され、
現在の社会を持続可能なものにし、その社会の担い手となる若者が、新たな時代を豊かに生きる力が必要とされます。
そのために、従来の記憶中心の歴史教育や受験のための歴史教育にかわるものとして、「探究型授業=主体的・対話的で
深い学び」とか「アクティブラーニング」が注目されています。そのためには、前提として、正確な理解が必要となり、
文字情報による理解と共に画像情報(エビデンス資料など)による理解が重要なものとなります。

HP上の【探究】については、自由に閲覧可能ですが、「ヒント集(制作中)」は有料コンテンツとなりますので、
下記にメールアドレス情報などをいただけますと、後日にメールにてご案内いたします。