幕末

4つの大地震~南海トラフ地震~

 

1855年(安政2年)

安政の大地震
安政の大地震

この地震で約3万軒の家屋が罹災したという。32時間後には「安政南海地震」(M8.4)が起こり、さらに2日後にも四国・九州でM7.3~7.5があった

press to zoom
安政大地震(安政東海地震、M8.4)
安政大地震(安政東海地震、M8.4)

被害は関東から近畿地方までに及び、房総半島から四国の土佐の沿岸に津波が押し寄せた

press to zoom
佐賀藩の蒸気機関車の実験
佐賀藩の蒸気機関車の実験

「からくり儀衛門」(田中久重、東芝の創業者)らが参加して成功

press to zoom
安政の大地震
安政の大地震

この地震で約3万軒の家屋が罹災したという。32時間後には「安政南海地震」(M8.4)が起こり、さらに2日後にも四国・九州でM7.3~7.5があった

press to zoom
1/6
 
テキスト本文

1855年(安政2)  4つの大地震 〜南海トラフ地震〜


開国に舵を切った徳川幕府は、ロシア国の接近に警戒して蝦夷地(北海道)を幕府の直轄地の天領とした。 一方、幕府と和親条約を締結したいオランダ国は国王の名で黒船の軍艦を幕府に贈呈し、幕府は長崎に「海軍伝習所」を開設し、新式の西洋軍艦の操縦法を教えてもらうことになった。そんな前途が開けかけた日本国に前年(1854年・安政元年)の11月に「安政東海地震」(M8.4)、その32時間後に「安政南海地震」(M8.4 、津波被害)、さらにその2日後に四国・九州の一部で M7.3 ~ M7.5の大地震が続いたのに続き、この年の10月に首都の江戸に「安政の大地震」(M7.0 ~ M7.1 、江戸地震)が発生し、幕末の日本では多くの瓦版(新聞の前身)が発行され、大騒ぎとなった。


年表

【1855年(安政2)】

・2月 幕府が蝦夷地(北海道)を天領とする(上地)

・6月 オランダ国王から「観光丸」を贈られる

・7月 幕府が長崎に「海軍伝習所」設置(海軍の起源)

・10月 安政の大地震

・12月 日蘭和親条約調印



《世界の動き》


・1855年、フランス初のパリ万国博覧会が開催(入場者500万人)

・1855年、欧州でクリミア戦争(1853〜1856)継続中

 
日本と世界
《日・露》ロシア船ディアナ号の震災津波で転覆
press to zoom
《米》マサチューセッツ州ケンブリッジの馬車鉄道
press to zoom
1/1
時の政治
 

​第13代徳川将軍・徳川家定(在職1853~1858)

徳川家定(在職、1853~1858)
press to zoom
孝明天皇(在位、1843~1867)
press to zoom
1/1
女性史
 
歌川芳員・画 <東都繁栄之図>
press to zoom
戦傷兵を看護するナイチンゲール
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【初の日本の木造軍艦・観光丸】
press to zoom
【海軍の発祥ー長崎海軍伝習所の設置】
press to zoom
海軍伝習所(長崎)の蘭人教師
press to zoom
1/1