幕末

洋学と篤姫とお吉

 

1856年(安政3年)

伊豆半島の下田の開港
伊豆半島の下田の開港

静岡県下田市

press to zoom
アメリカのハリス領事の赴任
アメリカのハリス領事の赴任

下田の了仙寺

press to zoom
1857年の江戸<大橋あたけの夕立>
1857年の江戸<大橋あたけの夕立>

歌川広重(1797〜1858)・画

press to zoom
伊豆半島の下田の開港
伊豆半島の下田の開港

静岡県下田市

press to zoom
1/4
 
テキスト本文

1856年(安政3)   洋学と篤姫とお吉


大地震の翌年、幕府は長らく無用の長物とみられていた刀を使う武術の再興を図り、築地鉄砲洲(今の中央区湊・明石町)に「講武所」を設置した(陸軍の起源)。その一方で、従来の「洋学所」を「蕃書調所(ばんしょしらべしょ)」と改称し、 西洋学問の研究に一層の力を入れることとなった。この年、13代将軍・徳川家定は薩摩藩から篤姫(あつひめ)を正室として迎えることとなり、また、薪・水の補給港の下田港のある下田の玉泉寺に最初のアメリカ領事館が開設され、赴任したハリス領事は、領事館の仕事の手伝いとして地元の吉 (きち)という名の少女を雇い入れたが、やがて 「唐人(とうにん)お吉」は悲劇の女性として伝説の女性となった。(※とうにん、外国人のこと)


年表

【1856年(安政3)】


・1月 幕府が築地の講武所の練兵場を越中島に設置

・2月 「洋学所」を「蕃書調所」と改名

・7月   初代アメリカ領事ハリスが下田に来日

・8月   下田の玉泉寺にアメリカ仮公使館を開設

・9月   アロー号事件

・10月 堀田老中が外国事務専任となる

・11月 薩摩藩の篤姫(後の天璋院)が徳川家定の正室となる


《世界の動き》


・1856年、欧州のクリミア戦争が終了

・1856年、英・仏・清のアロー戦争(1856〜1860)が勃発

 
日本と世界
《日・米》初代アメリカ公使のハリス公使
press to zoom
《日・米》最初のアメリカ仮公使館
press to zoom
《日・米》下田のアメリカ仮公使館
press to zoom
《日・露》ロシアの新船「ヘダ号」の進水
press to zoom
《中国・英》アロー号事件
press to zoom
《露・英仏》クリミア戦争が終結のパリ条約
press to zoom
1/1
時の政治
 

​第13代徳川将軍・徳川家定(在職1853~1858)

徳川家定(在職、1853~1858)
press to zoom
13代将軍の正室・篤姫(後の天璋院)
press to zoom
孝明天皇(在位、1843~1867)
press to zoom
1/1
女性史
 
三代歌川豊国(国貞)・画<当世若三人>
press to zoom
<唐人お吉>
press to zoom
アメリカの女性参政権運動家スタントン
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【幕府が砲術演習】
press to zoom
【陸軍の発祥~築地鉄砲洲の講武所】
press to zoom
1/1