幕末

安政仮条約と安政の大獄

 

1858年(安政5年)

江戸市中で掲げられた手配書(部分)
江戸市中で掲げられた手配書(部分)

西郷隆盛・高杉晋作・平野国臣

press to zoom
高杉(長州藩)平野(福岡藩)西郷(薩摩藩)
高杉(長州藩)平野(福岡藩)西郷(薩摩藩)

press to zoom
西郷と月照の身投げ
西郷と月照の身投げ

press to zoom
江戸市中で掲げられた手配書(部分)
江戸市中で掲げられた手配書(部分)

西郷隆盛・高杉晋作・平野国臣

press to zoom
1/4
 
テキスト本文

1858年(安政5)  安政仮条約と安政の大獄


アメリカの開国要求を受け入れた徳川幕府に対し、 病床13代将軍に代わり奔走する老中堀田正睦(まさよし)に、京(京都)の朝廷が幕府の開国案を3月に拒否したことで、日本の長い漂流が始まった。幕府は翌4月に、近江国(滋賀県)彦根藩主の井伊直弼(1815~1860)を大老の重職に起用し、アメリカ・オランダ・イギリスと相次いで修好通商条約を調印し、翌年6月1日の横浜開港と進展したところで、13代将軍が死去した。正室の篤姫との間に子供がなかったことで、徳川幕府の世継ぎ問題が沸騰する中、将軍不在の中でフランスとも条約を締結した。14代将軍に若い紀州(和歌山県)藩主 の徳川家茂(いえもち、1846~1866)が就任すると、実権握る井伊大老は、幕府に異論を唱える反対派を容赦なく弾圧 (安政の大獄)、京で尊王攘夷を唱えて幕府批判の急先鋒にあった清水寺の月照(忍向上人)とその和歌仲間で京薩摩藩邸詰めだった西郷吉之助(後の隆盛)は、ともに西郷の国元に逃れたが、藩の立場(篤姫改め天璋院の国元)を危惧した薩摩藩が受け入れを拒否すると、前途を悲観して錦江湾(鹿児島湾)へ飛び込んで入水自殺を図り、西郷はかろうじて蘇生して一命をとりとめたが、薩摩藩は死体があがらないと理由をつけて西郷を遠島送りとした。

年表

【1858年(安政5)】


・3月 堀田老中が朝廷から開国案の勅許得られず

・4月 彦根藩主の井伊直弼が大老職に就任

・5月 米英仏露と清国が天津条約(上海港の開港)

・6月 日米修好通商条約調印(1959年7月4日発効)

・7月 日蘭修好通商条約調印(1959年7月4日発効)

     日英修好通商条約調印(1959年7月4日発効)

     日露修好通商条約調印(1959年7月4日発効)

・8月 徳川家定(13代将軍)が死去

・9月 日仏修好通商条約調印(1959年7月4日発効)    

   (以上、箱館・兵庫・神奈川・長崎・新潟の開港を取り

    決めた条約は安政5カ国条約・安政の仮条約)

    幕府の反開国派の弾圧が始まる(安政の大獄が

    始まる)

・10月 徳川家茂が14代将軍となる

・12月 朝廷が条約勅許を拒否


《世界の動き》


・1858年、英・仏・清のアロー戦争(1856〜1860)継続中

 
日本と世界
《日本・蘭》幕府の長崎海軍伝習所(1855〜59)の外人教師
press to zoom
長崎のヴァン・リードとジョセフ・ヒコ
press to zoom
《中・英仏露米》天津条約の締結
press to zoom
1/1
時の政治
 

​第13代徳川将軍・徳川家定(在職1853~1858)

​第14代徳川将軍・徳川家茂(在職1858~1866)

徳川家定(在職、1853~1858)
press to zoom
13代将軍の正室・篤姫(後の天璋院)
press to zoom
徳川家茂(いえもち、在職、1858~1856)
press to zoom
孝明天皇(在位、1843~1867)
press to zoom
1/1
女性史
 
三代歌川豊国(国貞)・画<江戸美人百人美女 薬研堀>
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【福澤諭吉が江戸で蘭学塾を開く】
press to zoom
【コレラの大流行-1858(安政5)】
press to zoom
【最初の日系アメリカ人-1858年】
press to zoom
1/1