幕末

咸臨丸と桜田門外の変

 

1860年(安政7/万延元年)

咸臨丸
咸臨丸

本調印のための初の太平洋横断の船旅(勝海舟・軍艦奉行)

press to zoom
遣米使節団のポーハタン号
遣米使節団のポーハタン号

press to zoom
江戸湾と築造された台場
江戸湾と築造された台場

台場は大砲を据え付けるために建築された石造りの小島(お台場)

press to zoom
咸臨丸
咸臨丸

本調印のための初の太平洋横断の船旅(勝海舟・軍艦奉行)

press to zoom
1/6
 
テキスト本文


1860年(安政7/万延元)   咸臨丸と桜田門外の変


横浜開港の翌年のこの年(1860)、日米通商航海条約の本調印のため、初の遣米使節団「咸臨丸」が江戸・品川から、勝海舟・中津藩(今の大分県中津市)の福沢諭吉・通訳の中浜万次郎らを乗せて出航した。開港場では商品が高く外国人が買ってくれると、国内の諸物価 は騰貴し、幕府は対応策として、翌年から生糸・雑穀・水油・蝋・呉服の五品を江戸の問屋を経由するよう「五品江戸廻送令」を3月に出したが、その年の3月3 日には、江戸城の桜田門外で水戸藩士らに井伊大老が殺害され(桜田門外の変)、幕府の要職者が江戸城玄関 口ともいえる地で殺害されたことは、「幕府の弱体化」を露呈することとなり、8月には、121代天皇の孝明天皇の妹の和宮(かずのみや)を徳川家茂と政略結婚させる「公武合体論」が急浮上した。


年表

【1860年(安政7)】


・1月 遣米使節団が「咸臨丸」が出港

・3月 井伊大老が桜田門外で殺害(桜田門外の変)

    安政七年を「万延元年」と改元

・8月 天皇の妹(和宮)の徳川家への降嫁案が浮上

・9月 遣米使節団が帰国

・12月 米通訳ヒュースケンが江戸で殺害


《世界の動き》


・1860年、日米修好通商条約の批准書の交換

     (万延元年の使節団)

・1860年、アメリカでリンカーンが大統領に当選、反発した

     サウスカロライナ州が合衆国から脱退、

     南部10州続く

・1860年、英・仏・清のアロー戦争(1856〜1860)が終結

     北京条約が締結される

・1860年、日本とポルトガルが通商条約に調印

     

 
日本と世界
《米》次期大統領候補・リンカーン
press to zoom
《米》大統領選ポスター
press to zoom
《米》自宅前のリンカーンの演説
press to zoom
《米》大統領選挙でリンカーン大統領が選ばれる
press to zoom
《日・米》報道された遣米使節団
press to zoom
《日・米》遣米使節団の上陸
press to zoom
1/2
時の政治
 

第14代徳川将軍・徳川家茂(在職1858~1866)

徳川家茂(在職、1858~1866)
press to zoom
大老(井伊直弼)の暗殺
press to zoom
孝明天皇
press to zoom
後の明治天皇の御所でみそぎの礼
press to zoom
「睦仁(むつひと)親王」の名を賜る
press to zoom
1/1
女性史
 
ジョン万次郎夫人(中浜鉄子)
press to zoom
〈神奈川横浜華郭之光景(部分)〉
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【初の外国人の富士登山-1860年】
press to zoom
【北京条約の調印-1860年】
press to zoom
【米の大陸横断郵便-1860年頃】
press to zoom
1/1