幕末

長崎の坂本龍馬

 

1865年(元治2/慶応元年)

坂本龍馬(長崎の写真館)
坂本龍馬(長崎の写真館)

press to zoom
長崎の大隈重信(大隈林太郎)
長崎の大隈重信(大隈林太郎)

蘭学寮(致遠館)時代に撮影

press to zoom
水戸藩の動きも活発に
水戸藩の動きも活発に

討幕の機をうかがう武田耕雲斎

press to zoom
坂本龍馬(長崎の写真館)
坂本龍馬(長崎の写真館)

press to zoom
1/6
 
テキスト本文

1865年(元治2/慶応元) 長崎の坂本龍馬


幕府の神戸海軍操練所の解散に伴い、この年の夏頃、土佐藩の坂本龍馬・中岡慎太郎らは武器調達に熱心な 薩摩藩や長崎商人の援助を受け、長崎の亀山(長崎市伊良林地区)に「亀山社中」(日本最初の商社、後の海援隊)を結成し、長崎居留地のグラバー商会から仕入れた武器類を薩摩藩・長州藩に長崎で販売した。10月には朝廷が安政五カ国条約を一転して、勅許すると、その後に両藩の連携役に坂本龍馬が仲介役として動き、倒幕にむけた「薩長同盟」の密約が、翌年1月に成立することとなった。また、長崎を藩領としていた肥前藩(佐賀藩)は藩校の蘭学寮の大隈林太郎(後の大隈重信)・副島種臣(そえじまたねおみ) を教授に、オランダ人宣教師フルベッキを校長に迎えて、薩長土肥などの西南雄藩の俊英を集めて英学塾「致遠館(ちえんかん)」と改称して次なる時代の人材育成を開始した。

年表

【1865年(慶應元)】


・1月 幕府が横須賀製鉄所を建設

・2月 水戸藩の天狗党の首領・武田耕雲斎ら殺害される

・3月 薩摩藩留学生の五代才助(五代友厚)が渡英

・4月 元治を慶応と改元

・7月 下関事件の賠償金支払い

・10月 朝廷が安政五カ国条約を勅許



《世界の動き》


・1865年、アメリカで南北戦争(1861年〜1865年)が4月に

     南部州が降伏して終結、6月19日に最後のテキサス

     州が奴隷解放を受け入れる

     アメリカでリンカーン大統領暗殺される

・1865年、イギリスで「不思議の国のアリス」(初版)が発刊

 
日本と世界
《米》南軍の北軍への降伏
press to zoom
《米》敗けた南軍のリー将軍
press to zoom
《米》負けた南部連合の拠点入りする大統領
press to zoom
《米》北軍勝利で奴隷解放を祝う奴隷たち
press to zoom
《米》ホワイトハウスでのリンカーン
press to zoom
《米》リンカーンの暗殺
press to zoom
1/3
時の政治
 

第14代徳川将軍・徳川家茂(在職1858~1866)

徳川家茂(在職、1858~1866)
press to zoom
孝明天皇(在位、1843~1867)
press to zoom
1/1
女性史
 
<深川仮宅玉揃>
press to zoom
「不思議の国のアリス」初版
press to zoom
ルイス・リデル(1858撮影)
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【長崎で「信徒発見」の奇跡-1865年】
press to zoom
【日本初の鉄道営業-1865年】
press to zoom
【日本初の渡英留学生-1865(慶應元)】
press to zoom
1/1