幕末

長州征伐と薩長同盟と新体制

 

1866年(慶応2年)

第二回長州征伐が始まる
第二回長州征伐が始まる

大半の出征兵士は戦うことなく帰藩した

press to zoom
第二回長州征伐(広島の市街)
第二回長州征伐(広島の市街)

press to zoom
江戸の打ちこわし騒動
江戸の打ちこわし騒動

政情不安から物価が騰貴し、薩摩藩が暗躍

press to zoom
第二回長州征伐が始まる
第二回長州征伐が始まる

大半の出征兵士は戦うことなく帰藩した

press to zoom
1/6
 
テキスト本文

1866年(慶応2)  第二回長州征伐と薩長同盟と新体制


廃止された神戸海軍操練所に代わり、江戸に海軍伝習所が開設され1月と同じ頃、京の薩摩藩邸・同藩家老の小松帯刀(こまつたてわき)邸で、薩摩藩の西郷隆盛・小松帯刀・ 長州藩の桂小五郎(後の木戸孝允)とが会談し、『今後の幕府の長州征伐に際し、薩摩藩が長州藩を物心両面で援助する』と約束し、また、『長州(山口県)で戦争が始まった場合は、薩摩藩が京・大坂に出兵して幕府軍と戦い、薩摩藩は長州復権のために朝廷工作を行うことを約束する』との内容の覚書6カ条からなる盟約が成り、仲裁した土佐藩の脱藩浪士・坂本龍馬が証人として裏書きし、ここに薩長同盟が事実上締結されることとなった。6月に再びの長州征伐(第二回長州征討)が命じられたが、幕長戦争に薩摩藩は約束どおりに動かず、7月に大坂城で14代将軍が急死すると、翌8月 には長州征伐は打ち切りとなってしまった。12月には盟約に従って九州の大宰府にかくまわれていた三条実美(さねとみ)ら都落ちした朝廷の京都公卿と薩摩藩の西郷新吾 (後の軍人の西郷従道、西郷隆盛の弟)と大山弥助(後の軍人の大山巌)が面談し、この月に「朝敵」とした当の孝明天皇が崩御したこともあって、薩長盟約に従い、 長州藩の「朝敵」の汚名はそそがれ、長州藩は復権に成功した。京都で禁裏御守衛総督の職にあった徳川慶喜が15代将軍に就任すると、翌1867年(慶應3)には新天皇(明治天皇)・新将軍(徳川慶喜)の新体制が奇しくもスタートすることとなった。

年表

【1866年(慶應2)】


・1月 幕府、横浜に海軍伝習所を開設

    薩長同盟の密約成る

・6月 第二回長州征伐始まる(幕長戦争に薩摩藩は

    出兵拒否)

・7月 徳川家茂14代将軍が大坂城で死去

    日伊修好通商条約調印

・8月 第二回長州征伐は打ち切り

・11月 福沢諭吉の渡米

・12月 大宰府預かりの三条ら七卿が薩摩藩の西郷

    新吾(西郷隆盛の兄)、従兄弟の大山弥助と

    会見し復権する

    孝明天皇が崩御

    禁裏御守衛総督の徳川慶喜が第15代将軍となる


《世界の動き》


・1866年、日本・イタリアが「日伊修好通商条約」調印

・1866年、日本・ベルギーが「日白修好通商条約」調印

・1866年、アメリカで公民権法が成立(黒人取締り法の廃止)

・1866年、プロイセンとオーストリアが戦争(普墺戦争9

 
日本と世界
《アメリカ・中国》大陸横断鉄道の敷設
press to zoom
《アメリカ》1860年代のサンフランシスコ
press to zoom
<独・墺>普墺戦争が勃発
press to zoom
《独・墺》普墺戦争でプロイセン軍が凱旋するプロシヤ兵
press to zoom
1/1
時の政治
 

第14代徳川将軍・徳川家茂(在職1858~1866)

​第15代徳川将軍・徳川慶喜(在職1866~1868)

孝明天皇(在位、1843~1867)
press to zoom
幕府の第2回長州征伐
press to zoom
禁裏総督の徳川慶喜将軍
press to zoom
1/1
女性史
 
<フランス之名医足病療治>
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【横浜に馬車道ができる】
press to zoom
1/1