幕末

維新政府の始動⓵

 

1868年①(慶応4/明治元年)

新暦の1868年正月に神戸港で開港式典
新暦の1868年正月に神戸港で開港式典

神戸沖に集合した外国艦船から祝砲が神戸村に響きわたった

press to zoom
旗の立つ造成前の外国人居留地
旗の立つ造成前の外国人居留地

海から見た神戸村と六甲山

press to zoom
出世した伊藤博文(右端の帽子姿)
出世した伊藤博文(右端の帽子姿)

神戸事件解決で東久世(七卿、外国事務総督)に認められて、 初代兵庫県知事に。伊藤の前の 桂小五郎(木戸孝允)も共にまもなく政府入り

press to zoom
新暦の1868年正月に神戸港で開港式典
新暦の1868年正月に神戸港で開港式典

神戸沖に集合した外国艦船から祝砲が神戸村に響きわたった

press to zoom
1/7
 
テキスト本文

1868年①   (慶応4/明治元)維新政府の始動❶


諸外国が待ちに待った神戸港が開港したのは新暦1月1日(旧暦1867年12月7日)だった。突然の兵庫(神戸市兵庫区)から神戸村(神戸市中央区)への開港場変更 で居留地造成工事は忙しく、また、開港直後の準備で外国人たちも忙しい最中だった。ところが、新年早々に鳥羽伏見の戦いが始まって戊申戦争が始まると、京に向かう西国諸藩の通り道にあたる西国街道筋の神戸村で京に向かう備前藩(岡山藩)の隊列を複数のフランス人が横切り、備前藩士が発砲したことで、外国側が神戸港と神戸村を含む周辺3村を占拠する事件(神戸事件)が発生した。その混乱の地に、偶然、京に向かうために海路で弁天浜(今の神戸ハーバランド付近)の船着場に上陸した下級長州藩士の伊藤俊介(俊輔、後の博文)が居合わせて事情を知り、京の新政府に人をやり報告、王政復古で復権したばかりの元七卿で新任の外国事務総督・東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)から事態収拾を託され、得意の英語で外国側と折衝して、維新政府の最初の外交事件を解決した。伊藤は東久世から維新政府の参与兼外国事務掛を命じられ、2月に東久世が兵庫裁判所(兵庫県の前身)の総督に就任すると、新開港場のため、村から急発展した神戸在任の外国事務局判事に取り立てられることとなった(伊藤博文の出世の始まり)。

年表

【1868年(慶應4・明治元)】


・1月 鳥羽伏見の戦い(戊申戦争のはじまり)

    神戸事件で神戸村などを外国側が一時接収

・2月 維新政府 駅逓司を設置

・3月 維新政府 神仏混淆を禁じる

    維新政府、「五箇条の御誓文」を公表

・4月 江戸城が無血開城

    維新政府、「政体書」を宣布

・5月 維新政府 太政官札(紙幣)を発行

     江戸で上野戦争

・7月 江戸が東京と改称

・8月 幕臣の榎本武揚が江戸湾から船で脱出

    大阪が開港場となる 

・9月 鶴ヶ城(会津城)が陥落

    維新政府「明治」と改元

    明治天皇が京より東幸

    維新政府 築地に外国人居留地を設置

・12月 天皇が東京から西京(京都)に還幸

    維新政府 新潟を開港場とし、江戸を開市

   

   《世界の動き》


  ・1868年、日本の新政府が外交に当たる旨の国書を

       各国公使に手交、徳川家側も外交に関与

       しない旨を各国公使に通知

  ・1868年、日本・スウェーデンと修好通商航海条約調印

  ・1868年、日本・スペインと修好通商航海条約調印

 
日本と世界
欧米諸国の思惑
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
堺事件の発生
press to zoom
1/1
時の政治
 

​第15代徳川将軍・徳川慶喜(在職1866~1868)

炎上する大坂城
press to zoom
政権交代(徳川家→天皇)
press to zoom
五箇条の御誓文
press to zoom
五箇条の御誓文
press to zoom
天皇が京から初めて江戸から出られる
press to zoom
三条実美(さねとみ、1837~1891)
press to zoom
1/2
女性史
 
会津藩の娘子軍(じょうしぐん)
press to zoom
会津藩の娘子軍
press to zoom
静寛院宮(和宮)
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【初の日本人経営ホテル-1868】
press to zoom
【日本初の軍歌】
press to zoom
【官軍の病院旗】
press to zoom
【会津藩の白虎隊の悲劇】
press to zoom
1/1