明治

新日本建設

 

1870年(明治3年)

旧江戸城は天皇の住む皇居となった
旧江戸城は天皇の住む皇居となった

press to zoom
丸の内の元大名屋敷跡地
丸の内の元大名屋敷跡地

press to zoom
国旗「日の丸」制定、庶民に名字(苗字、名前)を許す
国旗「日の丸」制定、庶民に名字(苗字、名前)を許す

press to zoom
旧江戸城は天皇の住む皇居となった
旧江戸城は天皇の住む皇居となった

press to zoom
1/4
 
テキスト本文

1870年(明治3)   新日本建設


「御一新」と呼ばれた明治維新が始まり、長らくの幕府の鎖国政策で立ち遅れていた近代化が急がれることとなった。文明開化の象徴として「鉄橋」が各地に建築され、首都の東京では外国人居留地がある築地が文明開化の発祥の地となった。新婚の大隈重信(参議、大 蔵省)の築地本願寺近くの広大な大隈邸には、新政府入りして上京したばかりの伊藤博文(民部省・大蔵省)・ 井上馨(大蔵省)・五代友厚(会計官権判事)・渋沢栄一(大蔵省)・前島密(民部省・大蔵省)・山縣有朋(兵部省)・中井弘 (外務省)・大江卓(民部省)らの若手の精鋭が集まり、俗に「築地梁山泊(つきじりょうざんぱく)」と呼ばれた邸宅で新日本建設について連日激論が交わされた。前年11月に大蔵卿の伊達宗城・大隈重信・伊藤博文らが、借金してでも鉄道敷設を主張したことから、この1870年(明治3)4月にロンドンで初の外債(日本国債)の募集に成功、10月には産業近代化の推進役として鉄道・電信・鉱山・製鉄・造船 などを所管する官営工業の中心役所「工部省」が設置されることとなった。この年、海外の新聞は、維新政府の新日本建設をこぞってほめちぎることとなった。

年表

【1870年(明治3)】


・4月 ロンドンで初の外債募集(鉄道敷設のため)

・9月 平民に苗字を許す

・10月  工部省設置

・11月  徴兵規則が公布


《世界の動き》


・1870年、ドイツ(※)とフランスが戦争(普仏戦争)、仏の

     ナポレオン三世が捕虜となり、敗北して退位する

・1870年、フランスが憲法を制定し、第三共和政制(1870〜   

      1940)始まる

 ※プロイセン、日本ではプロシヤと表記

  プロイセン国王の信任を受けたビスマルク(軍歴、1841〜

  1890)が同国の軍制改革を断行して、ドイツ統一を図り

  先の普墺戦争でプロイセンが勝利し、北ドイツ連邦を樹立

  普仏戦争でプロイセンが勝利し、南ドイツ諸国を取り込み

  翌1871年に統一ドイツのドイツ帝国(1871〜1918)

  が誕生した


 ・1870年、普仏戦争の勃発で、ローマ駐留仏軍が移動し、

      好機とみたイタリア王国軍がローマに侵攻、教皇

      軍を破り、ローマを併合し、首都をローマとする

      (イタリアの統一成る)


 ・1870年、イギリス人のセシル・ローズが南アフリカに上陸

 

 
日本と世界
《米》米国に伊藤博文らが銀行制度の視察団派遣
press to zoom
《日本・イギリス》日本政府がロンドンで外債発行
press to zoom
《仏》普仏戦争の開戦時のパリ
press to zoom
《独・仏》普仏戦争(1870-1871)
press to zoom
《独・仏》ナポレオン3世~セダンの戦い〜
press to zoom
《独・仏》セダンの開城談判
press to zoom
1/2
時の政治
 

​第122代天皇・明治天皇(睦仁、在位1867~1912)

太政大臣 三条実美

press to zoom
維新政府の俊英たち
press to zoom
民部大蔵省(1869〜71)の改正掛
press to zoom
1/1
女性史
 
束髪(西洋髪)を結う女性
press to zoom
撮影された女性
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【君が代(初代)の初演奏-1870(明治3)】
press to zoom
【霞が関の外務省(明治2年創立)】
press to zoom
【大阪医学校の開校-1869(明治2)】
press to zoom
【大阪医学校・病院の教授・医学生-1870(明治3)】
press to zoom
【大阪舎密局の開講-1869(明治2)】
press to zoom
1/1