明治

明治の国造り

 

1872年(明治5年)

「学制」が始まる
「学制」が始まる

近代的な学校教育が開始

press to zoom
「学制」の始まり
「学制」の始まり

press to zoom
照憲皇后の富岡製糸場への行啓
照憲皇后の富岡製糸場への行啓

press to zoom
「学制」が始まる
「学制」が始まる

近代的な学校教育が開始

press to zoom
1/8
 
テキスト本文

1872年(明治5) 明治の国造り


維新政府は国家スローガンに「殖産興業」と「富国強兵」を掲げ、前4月の国民に苗字(名前)を付した改正戸籍法に連動して戸籍簿編成(壬申戸籍)を開始した。函館・横浜・神戸・新潟・長崎の5つの開港場が海外に開かれたが、港にはいまだ活気はなく経済は沈滞していたが、4月には東京~大阪間に電信が開通、5月には待望の鉄道が新橋~横浜間で開業し、イギリス製蒸気機関車が煙をあげ汽笛を鳴らして運行され、文明開化を感じさせたが、その同月には皇居となっていた東京城の元会津藩の添え屋敷で火災が発生、火災はみるまに拡大し、銀座(旧の銀座)さらには築地居留地にまで及ぶ大火災(銀座大火)となり、天皇も仮皇居の赤坂離宮に引っ越しされる事態となり、耐火煉瓦による「不燃都市」の街づくりが国あげての課題となった。8 月には「学制」が発布され、新しい教育制度が始まり、 10月には群馬県の富岡にフランスの指導を受けた富岡製糸場(世界遺産)が操業を開始、安価な生糸を大量生産し、海外に輸出して外貨を稼ぐ殖産興業の模範工場をめざすこととなった。11月には「改暦」を国民に知らせ、従来の太陰暦(旧暦)を欧米の太陽暦(西洋暦) に改め、明治5年(1872)11月3日が明治6年(1873)1 月1日の正月となった。

年表

【1872年(明治5)】


・3月 陸軍省・海軍省が設置(兵部省廃止)

・4月 電信開通(東京~大阪)

・5月 鉄道(新橋~横浜)が始まる

・5月 東京城(皇居)が大火(銀座火事)

    天皇は赤坂離宮(仮皇居)に転居

・8月 「学制」が発布

・9月   横浜でガス燈が竣工

・10月 富岡製糸場が操業開始、「女工」の登場

・11月 太陰暦(旧暦)から太陽暦(西暦)に変更

・12月 徴兵令が発布



《世界の動き》


・1872年、ベルリンで初めて独・墺・露の三帝会盟

・1872年、普仏戦争に従軍したドイツ帝国軍楽隊の

     ヘンリー・バーガーがハワイ王国のカメハ

     メハ5世の依頼により、ハワイに派遣される

     (ロイアル・ハワイアン・バンドで1872年

     〜1915年まで楽長を務め、ハワイ音楽の父に)

 
日本と世界
《日・米》アメリカの岩倉使節団
press to zoom
《米》ワシントンの議会議事堂
press to zoom
《英》岩倉使節団のロンドン訪問
press to zoom
《仏》岩倉使節団のパリ訪問
press to zoom
《独・墺・露》最初の三帝会盟
press to zoom
《独》鉄血宰相ビスマルク
press to zoom
1/2
時の政治
 

​第122代天皇・明治天皇(睦仁、在位1867~1912)

太政大臣 三条実美

明治天皇
press to zoom
昭憲皇后
press to zoom
岩倉使節団(一部政府の国内不在)
press to zoom
1/1
女性史
 
京都の女紅場(にょこうば)
press to zoom
<花魁(おいらん)>高橋油一・画
press to zoom
娼芸妓の解放令(太政官布告)
press to zoom
大統領選に女性票投票すべく憲法修正案
press to zoom
岩倉使節団の5人の女子留学生
press to zoom
岩倉使節団の女子留学生
press to zoom
1/2
 
TOPICS
【日本の鉄道創業-1872(明治5)】
press to zoom
【高輪築堤-1872(明治5)】
press to zoom
【銀座火事-1872(明治5)】
press to zoom
【毎日新聞の創刊-1872(明治5)】
press to zoom
【「学制」の始まり-1872(明治5)】
press to zoom
【「改暦」の実施-1872(明治5)】
press to zoom
1/2