明治

法律制度の誕生

 

1880年(明治13年)

集会条例の公布
集会条例の公布

press to zoom
刑法・治罪法(今の刑事訴訟法)
刑法・治罪法(今の刑事訴訟法)

press to zoom
天皇の地方行幸
天皇の地方行幸

6月-7月に山梨県・三重県・京都

press to zoom
集会条例の公布
集会条例の公布

press to zoom
1/6
 
テキスト本文

1880年(明治13) 法律制度の誕生


西南戦争後の戦後インフレと投機熱も冷め、1880年(明治13)の国内経済は恐慌状態となった。経済の苦境に国民の関心はおのずと政治にむかうこととなり、4月には早期の国会開設の請願書が元老院にだされたが、元老院(有栖川熾仁親王・議長)での議論は低調で、同月には自由民権運動を抑え込む「集会条例」が太政官(三条実美)から布告され、さらに7月には日本最初の近代法として刑法・治罪法(刑事訴訟法の前身)が太政官から公布され、1882年(明治15)1月1日に施行となった。ようやく10月になって10年後(明治23年)に国会を開設するとの詔が出されるに至った。代言人(今の弁護士)規則の改正により法資格試験が厳格化されたこの年、私立の夜学の法律学校が続々と設立され、4月にボアソナード(日本近代法の父)に学んだ門下生が創立した「東京法学社」(のち東京法学校、現・法政大学)、9月に創立した「専修学校」(現・専修大学)に続いて、翌1881年(明治14)1月には、やはりボアソナード門下生3人が創立した「明治法律学校」(現・明治大学)、1882年(明治15)10月には大隈重信が関与して「東京専門学校」(現・早稲田大学)、さらに1885年(明治18)7月には「英吉利法律学校」(現・中央大学)が創立され、関西でも1886年(明治19)にボアソナードの薫陶を受けた法律家 12人が寺に集まり、「関西法律学校」(現・関西大学)を創立した。

 

年表

【1880年(明治13)】


・2月 県令会議の開催

・4月 集会条令

     国会開設の請願書が元老院に出される

・7月 刑法・治罪法が公布(施行は明治15年1月1日から)

・10月 10年後(明治23)の国会開設の詔が出される


《世界の動き》


・1880年、日本政府がソウルに日本公使館を開設

・1880年、オーストラリアでシドニー万博に続き、メルボルン

     でメルボルン万国博覧会が開催

 
日本と世界
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1
時の政治
 

​第122代天皇・明治天皇(睦仁、在位1867~1912)

太政大臣 三条実美

国会開設の天皇の詔(みことのり)
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1
女性史
 
富岡製糸場の女工たち
press to zoom
京都の雪の日
press to zoom
桜名所の向島で花見
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【北海道初の鉄道-1879(明治12)】
press to zoom
【日本初のガス供給事業-1880(明治13)】
press to zoom
1/1