明治

教育改革と条約改正

 

1886年(明治19年)

鹿鳴館時代
鹿鳴館時代

press to zoom
西洋菓子の普及
西洋菓子の普及

歌舞伎の芝居に菓子の広告

press to zoom
富国強兵
富国強兵

全国に6個師団(部隊基地)を設置(東京・仙台・名古屋・大阪・広島・熊本)

press to zoom
鹿鳴館時代
鹿鳴館時代

press to zoom
1/5
 
テキスト本文

1886年(明治19) 教育改革と条約改正


明治維新が始まって19年目を迎えたことで、政府は当初の諸制度の手直しを実施し、この年の1月の軍制改革で、参謀本部陸軍部の下に六個師団が置かれることになり、地方制度では、開拓使にかえて北海道庁を開庁した。教育改革では、3月に帝国大学令を公布して東京大学を改めて東京帝国大学とし、地方に教育行政をゆだねていた「教育令」(明治12年)をさらに地方官の影響力を強めて「小学校令」「中学校令」で就学義務を定め、教科書はそれまでの自由採用から検定制度となり、国の意向がさらに教育に徹底される方向となった。 10月、神戸居留地の英商館が所有するノルマントン号が和歌山沖で沈没し、見捨てられた日本人乗員25人が溺死し、治外法権の居留地で行われた裁判で船長に 罪判決が下り、世論が沸騰した(ノルマントン号事件)。不平等な条約改正問題が、内閣制度の初代総理大臣の緊急の課題として改ためて突き付けられた。

年表

【1886年(明治19)】


・1月 軍隊六個師団が置かれる~陸軍参謀本部の下部に

    北海道庁が置かれる

・3月  帝国大学が創立(帝国大学令)

・10月 「ノルマントン号事件」で世論沸騰


《世界の動き》


・1886年、アメリカのNYに「自由の女神像」が建立される

・1886年、アメリカで熟練労働者の待遇改善を求めて

    「アメリカ労働総同盟(A.F.L)」が結成される

・1886年、アメリカのシカゴで5月1日に労働者が「8時間労働

     制」を要求してストライキ・行進の示威行動

    (第1回メーデー)、その2日後の5月3日にピケを

     はる群衆に発砲し6人の死者がで、翌4日に同じ

     シカゴのヘイマッケート広場で抗議集会があり、

     集会中に取締りの警官をめがけて爆弾を投げた

     者がおり、警察官8人が死亡(ヘイマーケット

     事件)※この事件を記念して5月1日が万国労働者

     の日(メーデー)となり、その後に欧州に伝播し、

     1890年に第1回国際メーデーが開催された

・1886年、イギリスがビルマ(今のミャンマー)を植民地化

 


 
日本と世界
自由の女神の除幕式
press to zoom
《米》シカゴのヘイマーケット事件
press to zoom
《米》シカゴのヘイマーケット事件
press to zoom
北京夢枕
press to zoom
朝鮮半島の地図
press to zoom
1/1
時の政治
 

初代首相・第1次伊藤博文内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/01.html

明治天皇(在位、1868〜1912)
press to zoom
第一次伊藤内閣
press to zoom
1/1
女性史
 
自由民権運動の女性弁士
press to zoom
女性民権運動家の先駆者
press to zoom
横浜のミッションスクール
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【避暑地・軽井沢の発祥】
press to zoom
【最初のランドセル広告】
press to zoom
【釜石製鉄所の操業-1886(明治19)】
press to zoom
【自由の女神の建立-1886年】
press to zoom
【世界初のガソリン車-1886(明治19)】
press to zoom
1/1