大正

対華21カ条要求

 

1915年(大正4年)

大戦中の年賀状
大戦中の年賀状

press to zoom
日本の対華21か条の要求
日本の対華21か条の要求

右側が日本の書記官・公使・通訳、左側が中国の外交次官・外交総長・通訳

press to zoom
大正天皇即位式の宴席
大正天皇即位式の宴席

press to zoom
大戦中の年賀状
大戦中の年賀状

press to zoom
1/7
 
テキスト本文

1915年(大正4) 対華21カ条要求


1915年(大正4)の1月、中国の袁世凱政府は日本政府に対して、日本が占領した山東省の青島の膠州湾の権益返還を要求した。それに対し、日露戦争でロシアから継承した旅順・大連の租借期限切れを目前にした日本政府は、山東省のドイツ権益の善後処理だけではなく、政治・経済・軍事に関して21ヵ条の要求を突きつけた。3月の衆議院議員選挙を挟んで、紛糾の外交交渉の結果、従来からの懸案であった満蒙における日本の権益問題や在華日本人の条約上の法益保護問題についても取り扱われ、21カ条の主なものが認められることとなった。一方、国内政界では1916年(大正5)10月に加藤高明(後の昭和期の首相)を総裁に「立憲同志会」「中正会」「公友倶楽部」の有志が野党連合の「憲政会」を結成し、与党の「政友会」「革新倶楽部」と共に軍部を牽制した。同月に誕生した陸軍出身の非立憲内閣の寺内正毅(第18代総理大臣)内閣と激しく対立したことで、大正期の大衆がこぞって参加した護憲運動は、明治期の自由民権運動を上回る大規模のものとなった。

年表

【1915年(大正4)


・1月 日本政府が中国に21ヵ条要求

    大正天皇の即位式典(東京・京都)

    大隈改造内閣が組閣

・3月 衆議院議員総選挙

・5月 袁世凱政権が21ヵ条要求を受諾

・6月 2個師団増設案可決

・8月 第1回全国中等学校野球大会(夏の甲子園)が開催

1916年

・10月 寺内正毅内閣組閣 

    憲政会の結成


《世界の動き》


・1915年、第一次世界大戦(1914〜1918)継続中

・1915年、アメリカでサンフランシスコ万国博覧会が開催

・1915年、ロシア・モンゴル・中華民国がキャフタ協定

 (ロシア・中国がモンゴルを中国領土と認め、モンゴルは

  宗主国の中国から自治を認められる)

 
日本と世界
《旧ドイツ領-日》日本統治下の南洋諸島
press to zoom
《旧ドイツ領-日》日本統治下の南洋諸島
press to zoom
《旧ドイツ領-日本》日本統治下の南洋諸島
press to zoom
《朝鮮半島》米・綿の積み出し
press to zoom
《朝鮮半島》プサンの魚市場
press to zoom
《朝鮮半島》元山港の築港
press to zoom
1/3
時の政治
 

第16代首相・第1次山本権兵衛内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/16.html

第17代首相・第2次大隈重信内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/17.html

第12回衆議院議員総選挙(3/25)

立憲政友会本部
press to zoom
総選挙前の立憲政友会本部
press to zoom
大隈重信の「車窓演説」
press to zoom
衆議院総選挙の当日
press to zoom
大隈内閣
press to zoom
1/1
女性史
 
女学生雑誌「新少女」
press to zoom
新橋の芸妓連
press to zoom
女学校(大阪)の運動会
press to zoom
自動車の記念写真-1915(大正4)
press to zoom
アメリカ憲法第19条修正の声
press to zoom
アメリカ憲法19条修正を求めるデモ
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【「夏の甲子園」の始まり-1915年(大正4)】
press to zoom
【戦車(タンク)の登場】
press to zoom
【潜水艦の登場】
press to zoom
【米客船ルシタニア号の沈没】
press to zoom
【戦闘機の登場】
press to zoom
【空襲の登場】
press to zoom
1/2