大正

深刻な日本の大不況

 

1923年①(大正12年)

深刻な不況
深刻な不況

press to zoom
農商務省(東京・霞が関)
農商務省(東京・霞が関)

今の農林省・経済産業省に相当(1922)

press to zoom
関東大震災の発災(1923年9月1日)
関東大震災の発災(1923年9月1日)

9月1日午前11時58分に発生したM7.9(最大震度6、東京など)の海溝型地震。正午前の大地震で、大火災が発生、都市の景観は全て破壊され、江戸時代から残っていた江戸情緒は全て失われた(9月1日は防災の日)

press to zoom
深刻な不況
深刻な不況

press to zoom
1/6
 
テキスト本文

1923年①(大正12) 深刻な日本の大不況


第一次世界大戦の大戦景気の終焉とその後のバブル崩壊の大不況で、銀行の不良債権は膨らむ一方で、戦後インフレの昂進で庶民の生活は立ち行かない状況となり、加えての世界的な大規模軍縮で島国の日本国民は失業の危機に直面することとなった。1921年(大正10)4月には、川崎造船所(今の川崎重工)・三菱造船所(今の三菱重工)の造船工場があった神戸市に日本初の市民による生活協同組合(協同組合の思想と実践がユネスコの「無形文化遺産」)の「神戸購買組合」、神戸市東部に「灘購買組合」(共に今のコープ神戸)がクリスチャンの社会運動家の賀川豊彦の尽力で誕生した。その翌年の1922年(大正11)には非合法組織ながら「日本共産党」が結党、その翌年の1923年(大正12)の1月には女性にも普通選挙権(婦人参政権)をと、団結組織の「婦人参政同盟」が誕生、3月には納税額による制限、年令制限のない男性の普通選挙権を求める普選獲得運動が盛り上がったが、夏に加藤友三郎首相が病没となり、その突然の死から一週間もたたない9月1日の最悪のタイミングで、マグニチュード7.9の直下型大地震が発災し、死者・行方不明者14 万2000 人超、全半壊家屋は25 万4 千余戸、焼失建物44 万7 千余戸が罹災した日本の歴史上まれにみる「関東大震災」が、苦境にあえぐ日本の首都の東京・貿易港の横浜などを直撃した。

年表

【1923年(大正12)】


・1月「婦人参政同盟」が結成

・2月 東京駅前に丸ビルが竣工

・3月 普選獲得大示威運動

    工場法が公布

・4月 陪審法が公布

・8月 加藤友三郎首相が病没

・9月 関東大震災が発災

    山本権兵衛内閣が組閣

    亀戸事件(大杉栄殺害事件)

・11月 天皇の「国民精神作興乃詔」

・12月 虎の門事件で山本内閣が総辞職


《世界の動き》


・1923年、仏・ベルギーがドイツの賠償金不払いを理由に

     炭田のあるルール地方に出兵(ルール出兵)

・1923年、ヒトラー、ミュンヘン一揆

・1923年、孫文とソ連大使ヨッフェと会談し、共同宣言

 
日本と世界
《米》NY.マンハッタン
press to zoom
《米》NY.ブルックリン橋からマンハッタン方面
press to zoom
《米》NY.ウールワースビルからNY港をみる
press to zoom
《米》NY.自由の女神
press to zoom
《米》NY.マンハッタン地区を見る
press to zoom
《米》NY.センラル・パーク
press to zoom
1/2
時の政治
 

第21代首相・加藤友三郎内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/21.html

第22代首相・第2次山本権兵衛内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/20.html

加藤友三郎内閣
press to zoom
震災で第二次山本権兵内閣が出現
press to zoom
第二次山本権兵衛内閣
press to zoom
press to zoom
山本権兵衛内閣の閣議
press to zoom
文部省(今の文科省)の新庁舎
press to zoom
1/2
女性史
 
銀座のカフェーの女給
press to zoom
宝塚少女歌劇団
press to zoom
女性スキーヤー
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【帝国ホテルのライト館の竣工-1923(大正12)】
press to zoom
【初代・丸ノ内ビルディングの竣工-1923年(大正12)】
press to zoom
【自動車雑誌「スピード」-1923(大正12)】
press to zoom
【勢いづく白人至上主義のKKK】
press to zoom
1/1