昭和(戦前)

金融恐慌

 

1927年①(昭和2年)

昭和時代(1926-1989)
昭和時代(1926-1989)

press to zoom
帝国議会の開院時の挿絵
帝国議会の開院時の挿絵

天皇の勅語の最中に挿絵を描いたと問題に

press to zoom
銀行に現金袋を運び込む銀行員
銀行に現金袋を運び込む銀行員

1927.日本銀行が特別融資を実施〜金融恐慌〜

press to zoom
昭和時代(1926-1989)
昭和時代(1926-1989)

press to zoom
1/6
 
テキスト本文

1927年①(昭和2年)金融恐慌


1926年(昭和2)2月に大正天皇の大葬の礼が新宿御苑で行われ、3月に昭和改元後初の第52回議会の予算委員会で、震災手形(期日繰り延べの特例手形)を多額に保有する銀行名の公表を執拗に迫る野党(立憲政友会)に対し、答弁に追われた与党(憲政会)の若槻内閣 の片岡直温(なおはる)蔵相が質疑中に大蔵官僚から手渡された 「東京渡辺銀行が破綻状態」のメモ書を、うっかり銀行名を読み上げてしまい、バブル景気時に不動産融資にのめりこんだ「東京渡辺銀行」と兄弟銀行「あかぢ貯蓄銀行」には、翌日に預金者が押し掛け、銀行取り付けにあって休業した(金融恐慌の第一波)。3日後には東京の「中井銀行」も休業に追い込まれると、取り付け騒ぎは埼玉県、京都府、岐阜県などの地方金融界に波及してかねて噂のあった地方8銀行が休業に。さらに「台湾銀行」の救済問題が国会で審議され、同行の取引先の神戸の貿易商社「鈴木商店」(鈴木合名会社)が渦中の企業となり、台湾銀行の経営危機が表面化して、 金融恐慌の責任をとって若槻内閣が総辞職すると、田中義一の新内閣が成立した4月20日の翌日に「宮内省の本金庫」「華族の銀行」と呼ばれていた「十五銀行」が休業するに及んで、「万事休す」の状態となって、全国的な金融恐慌が発生し、銀行店頭に預金者が押しかける事態に発展した(金融恐慌の第二波)。新政府は大蔵大臣・高橋是清を中心に緊急対策に着手、5月に3週間の「支払猶予令」(モラトリアム)が銀行に出され、全 国の銀行がいっせいに休業にするに及んで恐慌状態は 一息ついたが、そんな金融パニックの最中の4月1日 には1873年(明治6)に発令された「徴兵令」が改正され、17 歳~ 40歳の男子に兵役義務が生じ、成人男子に陸軍 2年もしくは海軍3年の配属を明文化した「兵役法」が 制定されることとなった。この年の夏には作家の芥川龍之介が「ぼんやりとした不安」と遺書に書き残し、自宅で薬物自殺した。

年表
 
日本と世界
《南米-ブラジルほか》日系移民の渡航
press to zoom
《南米-ブラジル・アルゼンチン》
press to zoom
《南米-ブラジル》はわい丸
press to zoom
《南米-ブラジル》
press to zoom
《南米-ブラジル》
press to zoom
1/1
時の政治
 

第25代首相・第1次若槻礼次郎内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/25.html

昭和天皇
press to zoom
大蔵省出身の若槻礼二郎首相
press to zoom
衆議院の予算委員会室
press to zoom
帝国議会の臨時議会(5月)
press to zoom
田中義一内閣の組閣
press to zoom
田中義一内閣の組閣
press to zoom
1/1
女性史
 
銀座のモダーンガール
press to zoom
モダンガール(モガ)
press to zoom
デパートの新開店
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【1円タクシーの流行-1927】
press to zoom
【1円タクシーの流行-1924〜】
press to zoom
【アール・デコ装飾の流行-1927(昭和2)】
press to zoom
【アール・デコ装飾の流行-1927(昭和2)】
press to zoom
【北丹後地震(M7.3)-1927年】
press to zoom
1/1