昭和(戦前)

世界大恐慌の始まり・昭和恐慌⓵

 

1929年(昭和4年)

米株式市場の大暴落
米株式市場の大暴落

1929

press to zoom
ウォール街の株価大暴落
ウォール街の株価大暴落

世界大恐慌へ

press to zoom
海外に活路
海外に活路

坂本龍馬像(高知県・桂浜)

press to zoom
米株式市場の大暴落
米株式市場の大暴落

1929

press to zoom
1/8
 
テキスト本文

1929年(昭和4)世界大恐慌の始まり・昭和恐慌❶


厳しい就職難の1929年(昭和4)に無声映画「大学はでたけれど」(小津安二郎・監督)が封切上映され、「大学は出たけれど」が流行語となった。3月には前年の初の衆議院選挙で非公式に日本共産党から支持を受けて当選し、前年の「三・一五事件」の摘発を逃れた京都3区の「日本労農党」の山本宣治議員が暗殺され、4 月には同様の共産主義者・社会主義者の残党狩りともいえる「四・一六事件」が起こり、暗い時代を象徴した。 5月に至って生糸の国際価格が暴落、6月に田中義一内閣は困窮する国民の活路を海外に求めて「拓務省」を新設して首相自らが大臣に就任したが、7月には中国大陸で起こった関東軍の張作霖爆殺事件絡みで田中義一内閣が総辞職した。新たに組閣した立憲民政党の浜口雄幸内閣は、緊縮財政を推進、9月は異常冷夏で農作物に霜が降り、アメリカでウォール街の株価大暴落があり、世界経済がデフレーションの渦に巻き込まれることとなった。10月には農家は大豊作で「豊作貧乏」 の状態となり、米価暴落で深刻な「農業恐慌」が発生した。11月には賛否ある中、第一次世界大戦中に離脱した金本位制に再復帰する「金解禁」を断行、翌年1月に施行されたが、日本の金本位制の復帰は、嵐の中で扉を開く結果となり、1930年(昭和5)は「昭和恐慌」の年と歴史に刻まれることとなってしまった。

年表

【1929年(昭和4)】


・3月 大卒学生の就職難

・4月 共産党員の一斉検挙(4.16事件)

・7月 田中内閣総辞職

・10月 ロンドン海軍軍縮会議

    ニューヨークで株式大暴落(世界大恐慌の始まり)

・11月 金解禁の大蔵省令(翌年1月施行)


《世界の動き》


・1929年、世界的な大恐慌が発生

・1929年、スペインのバルセロナ万国博覧会(2度目)開催

・1929年、ソビエトの指導者トロツキーが国外追放

 
日本と世界
《アメリカ》「暗黒の火曜日」
press to zoom
《アメリカ》当時のニューヨーク
press to zoom
《アメリカ》ニューヨーク証券取引所
press to zoom
ウォール街の騒然
press to zoom
《中国・日本》犬養毅の中国訪問
press to zoom
《中国》反帝国主義の抗日運動
press to zoom
1/3
時の政治
 

第26代首相・田中義一内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/26.html

第27代首相・濱口雄幸内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/27.html

映画を用いて田中義一首相の選挙運動
press to zoom
選挙後の政治勢力
press to zoom
政権交代(田中義一→濱口雄幸)
press to zoom
濱口雄幸内閣の組閣
press to zoom
濱口雄幸首相
press to zoom
濱口首相の所信表明
press to zoom
1/2
女性史
 
第9回メーデーに参加の女性たち
press to zoom
昭和4年のファッション
press to zoom
職業婦人(当時の呼称)
press to zoom
バレエ演技
press to zoom
女流作家-右が林芙美子
press to zoom
当時のファッション(1929)
press to zoom
1/2
 
TOPICS
【霞が関官庁街】
press to zoom
【孫文の慰霊祭の犬養毅-1929年(昭和4)】
press to zoom
【花山天文台の竣工-1929(昭和4)】
press to zoom
【バチカン市国の独立-1929年(昭和4)】
press to zoom
1/1