昭和(戦前)

ファシズムの台頭

 

1934年①(昭和9年)

老犬のハチ(1923〜1935)
老犬のハチ(1923〜1935)

上野英三郎(1872〜1925)の飼い犬だった

press to zoom
松岡洋右の政党解消演説
松岡洋右の政党解消演説

press to zoom
帝人事件の無実
帝人事件の無実

検察の勇み足は「検察ファッショ」と呼ばれた

press to zoom
老犬のハチ(1923〜1935)
老犬のハチ(1923〜1935)

上野英三郎(1872〜1925)の飼い犬だった

press to zoom
1/10
 
テキスト本文

1934年①(昭和9) ファシズムの台頭


1934年(昭和9)の東京・渋谷駅前に百貨店(デパート)が秋に開店することとなり、渋谷駅前に2年前に新聞紙上で紹介されて有名になった東京帝国大学農学部教授(故・上野英三郎)の飼い犬の秋田犬の銅像(初代)がハチも参列して建立された。また、中国との15年戦争(1931〜1945)が始まって4年目のこの年、やはり新聞紙上で上海事変時に爆弾を抱えて敵陣に捨て身攻撃で戦死した「肉弾三勇士」として紹介された3人の兵士の銅像が芝の青松寺の境内に建立された。この年、新聞を賑わしたのは、1927年(昭和2)の金融恐慌時に経営破綻した神 戸の鈴木商店の銀行担保となっていた帝人株が、財界人の出入りする番町会でやりとりされ、誰かが大儲けしたと一流新聞「時事新報」(武藤山治・社長)が報じた「帝人事件」で、3月に武藤社長が暗殺され、検察庁も動員されて大蔵次官が関わるなど政財界を巻き込むス キャンダルは、2大臣が引責辞任して斎藤実内閣が7 月に総辞職、マスコミ事件が時の内閣を倒した初めてのケースとなったが、最終的に検挙者はなく「検察ファッショ」と噂されることとなった。同月に「挙国一致内閣」の斎藤内閣の後任内閣に岡田啓介内閣が再び「挙国一致内閣」として誕生したが、10月に陸軍省新聞班が60万部を発行した〈国防の本義とその強化の提唱〉と題したパンフレットを発表、その中には「たたかひは創造の父、文化の母である」と書かれていた(陸軍パンフレット事件)。

年表
 
日本と世界
《中国》建国2年目の帝政移行
press to zoom
《中国》皇帝となった溥儀
press to zoom
《中国》帝政移行式典の会場
press to zoom
《中国》帝政式典の終了
press to zoom
1/1
時の政治
 

第31代首相・岡田啓介内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/31.html

齋藤内閣
press to zoom
岡田啓介内閣の誕生
press to zoom
 岡田啓介首相
press to zoom
近衛文麿(後の首相)の帰国
press to zoom
1/1
女性史
 
最新流行の美容院
press to zoom
女学校の卒業式
press to zoom
仏壇の前のこどもたち
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【初代の忠犬ハチ公銅像-1934】
press to zoom
【室戸台風の大水害-1934】
press to zoom
【室戸台風の風水害-1934】
press to zoom
【室戸台風の風水害-1934】
press to zoom
1/1