昭和(戦前)

南米移民・満洲移民

 

1934年②(昭和9年)

東北地方の「食料の危機」
東北地方の「食料の危機」

press to zoom
ブラジル国の移民制限
ブラジル国の移民制限

press to zoom
南満州鉄道(満鉄)本社
南満州鉄道(満鉄)本社

大連(今の遼寧省大連市)

press to zoom
東北地方の「食料の危機」
東北地方の「食料の危機」

press to zoom
1/5
 
テキスト本文

1934年②(昭和9) 南米移民・満洲移民


国際的に孤立する日本政府に対し、世界の日本を見る目は厳しくなり、従来から日本の主要な移民先だったブラジル政府が、受け入れ移民数を過去から同国に定着した移民総数の2%とする「2分制限法」を発表したことで、日本国内に衝撃が走ることとなり、ブラジルからさらに南米ペルーへの移民者が増加した。3月に日本政府は満洲国の執政・溥儀を皇帝に即位させて帝政を敷いて「満洲帝国」とし、さらに関東軍の支援のもと、黒龍江省のハルビン北方の北安(ペイアン)からさらに 黒河(ヘイホー)まで満鉄路線を延伸して、黒龍江(ロシア名はアムール川)沿いに北満防衛の拠点とすべく碁盤状の街を作るなど、満洲国が海外移民の最後のよりどころとなってしまった。

年表

【1934年(昭和9)】


・3月 武藤山治(帝人社長)暗殺

・6月 文部省(現・文部科学省)に思想局設置

    東郷元帥の国葬

・7月 岡田内閣が組閣

・9月 室戸台風

・10月 陸軍パンフレット事件

・11月 十一月事件

・12月 日本政府がワシントン条約を破棄


《世界の動き》


・1934年、アメリカでシカゴ万国博覧会(2回目)が開催

・1934年、ヒトラーがドイツの首相・大統領兼任となる

・1934年、ドイツとポーランドが不可侵条約

・1934年、中国共産党が根拠地の瑞金を放棄し「長征」へ

・1934年、ソ連が国際連盟に加盟

・1934年、ローズベルト大統領の「銀買上法」で中国から

     銀貨が流出し、中国経済が恐慌状態に

・1934年、国際連盟の中国経済援助に反発した日本政府の

     天羽(あもう)情報部長が批判(天羽声明)


 
日本と世界
《日本・中国》満州国の首都建設計画
press to zoom
《日本・中国》満洲国の首都・新京の街並み
press to zoom
《日本・中国》満州国の首都の庁舎
press to zoom
《日本・中国》新京の大同広場
press to zoom
《日本・中国》新京の日本大使館
press to zoom
《日本・中国》新京の完成図
press to zoom
1/2
時の政治
 

第30代首相・齋藤實内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/30.html

第31代首相・岡田啓介内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/31.html

 

岡田啓介内閣の組閣
press to zoom
岡田内閣の五省会議の開催
press to zoom
1/1
女性史
 
軍人にあこがれる
press to zoom
女学生のラジオ体操
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【北海道の函館大火-1934年】
press to zoom
【北海道の函館大火-1934年】
press to zoom
【ベーブルースの来日-1934年】
press to zoom
【プロ野球の始まり-1934年】
press to zoom
1/1