昭和(戦後)

テレビ時代の始まり

 

1953年①(昭和28年)

press to zoom
白黒テレビのNHK放送開始
白黒テレビのNHK放送開始

press to zoom
テレビの製造工場
テレビの製造工場

press to zoom

press to zoom
1/7
 
テキスト本文

1953年①(昭和28)テレビの時代始まる


日本のテレビ放送史は、1926年(大正15)に電子式テレビ受像機を研究する高柳健次郎(日本のテレビの父)が世界で初めて「イ」の文字をテレビ受像機に映すことに成功したことに始まり、その後、1936年(昭和11)に4年後の東京五輪に向けての開発に拍車がかかったが、日中戦争の勃発で1938年(昭和13)に五輪は自主返上された、翌1939年(昭和14)に日本放送協会(NHKの前身)が、東京・日本橋の三越デパート本店にて「テレビジョン大公開」を実施、日本初のテレビドラマ「夕餉前」(ゆうげまえ)の14分の実験放送に成功したが、太平洋戦争で開発はストップした。戦後にテレビ先進国だったアメリカから最新技術が伝わり、民間ラジオ放送が始まった1951年(昭和26)、その6月3日にNHKがテレビの実験放送を開始した。10月に民放局「日本テレビ放送網」が放送免許を申請、続いて実験放送中のNHKも免許申請を行い、テレビ放送が具体的なスケジュールにのぼった。翌1952年(昭和27)3月に6メガサイクルのアメリカ方式採用が公布され、1953年(昭和28)2月1日から東京地区でテレビの本放送がNHK東京放送局(JOAK)でスタートした。半年後の8月28日には、先に免許申請した日本テレビ放送網(NTV)が本放送を開始、また、12月の大晦日、従来は正月番組だったNHKラジオの4度目の「紅白歌試合」(今の紅白歌合戦)の日程を繰り上げて大晦日に日本劇場を会場に「NHK第四回紅白歌合戦」が公開生番組として放送された。日本に「テレビ時代」が到来したことで産業界はラジオに加えてのテレビ生産で活気づき、「マスコミニュケーション」の新語が誕生した。翌1954年(昭和29)2月には力道山のプロレス中継が始まり、洗濯機・冷蔵庫と並んで掃除機が「三種の神器」と呼ばれていたが、「庶民には高嶺の花」の白黒テレビがライバル商品として普及の第一歩を踏み出した。


年表

【テレビ年表-1951~1954】


1951年(昭和26)

・1月3日「紅白音楽試合」(第一回紅白歌合戦)のラジオ放送 

・6月 NHKテレビ実験放送

・10月 最初の放送免許申請


1952年(昭和27)

・3月 アメリカ方式が発表


1953年(昭和28)

・1月3日「紅白音楽試合」(第二回紅白歌合戦)のラジオ放送 

・2月 初のテレビ放送の本放送がNHKで開始(東京地区)

・8月 初の民放局NTV日本テレビが放送開始

・12月31日「第四回紅白歌合戦」(TV・ラジオ同時放送)

・この年に街頭テレビが人気となる


1954年(昭和29)

・2月 テレビでプロレス中継開始

 
日本と世界
《イギリス》エリザベス女王の戴冠式
press to zoom
《イギリス》皇太子のロンドン訪問
press to zoom
《イタリア》皇太子の渡欧
press to zoom
1/1
時の政治
 

​第50代首相・第4次吉田茂内閣(s27/10~s28/5)

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/50.html

昭和28年3月 バカヤロー解散

昭和28年4月19日第26回総選挙

昭和28年4月24日第3回参議院選挙

昭和28年5月21日 第5次吉田茂内閣が組閣

​第51代首相・第5次吉田茂内閣(s28/5~s29/12)

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/51.html

昭和28年11月17日 日本自由党が結党

バカヤロー解散
press to zoom
第5次吉田茂内閣
press to zoom
press to zoom
1/1
女性史
 
テレビのある生活
press to zoom
電機洗濯機の登場①
press to zoom
電機洗濯機の登場②
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【映画「君の名は」の大ヒット①】
press to zoom
【映画「君の名は」の大ヒット②】
press to zoom
【「NHKのど自慢」のTV放送-1951(昭和26)】
press to zoom
1/1