昭和(戦後)

朝鮮戦争の休戦

 

1953年②(昭和28年)

朝鮮戦争の休戦
朝鮮戦争の休戦

38度線の板門店

press to zoom
朝鮮戦争の休戦
朝鮮戦争の休戦

板門店の調印式

press to zoom
休戦反対のデモ(ソウル)
休戦反対のデモ(ソウル)

press to zoom
朝鮮戦争の休戦
朝鮮戦争の休戦

38度線の板門店

press to zoom
1/6
 
テキスト本文

1953年②(昭和28)  朝鮮戦争の休戦


1950年(昭和25)6月にソ連の暗黙の了解のもと、北朝鮮の軍隊が38度線を南進して韓国に侵攻して朝鮮戦争が始まった。3日後にソウルが陥落し、やがて釜山(プサン)周辺まで迫り、開戦3日後の国連決議を根拠に米軍を中心とする16か国(英仏と両国系のカナダ・ベルギーなど)から成る国連軍が、韓半島の西側から仁川 (インチョン)に上陸して戦局を逆転した国連軍が、半島統一に迫る勢いで北朝鮮軍を中朝国境にまで追い詰めると、危機 感を抱いた中国軍が1950年(昭和25)10月に義勇軍の名目で参戦すると、戦局は新たな局面入りとなった。11月から中国軍の大規模な抗戦があり、12月に韓国政府は40万の国民防衛軍を投入し、米ソのジェット機が空中戦を行った東西陣営の代理戦争は、膠着状態 の長期戦の様相を帯び、やがて38度線維持を12月に厳命していたトルーマン大統領と中国軍への原爆投下を主張するマッカーサー司令長官の確執が表面化した。マッカーサーは1951年(昭和26)4月に罷免され、開戦1周年を経た1951年(昭和26)7月に38度線の南の開城(ケソン)で休戦の予備交渉がなされたが不調に終わった。その後、国連で中国非難決議案、対中禁輸も行われたが、開戦から3年目の1953年(昭和28)7月27日 に北緯38度線の南5キロにある板門店で北朝鮮・中国・国連の休戦の同意が成立した。朝鮮半島が戦場と化した国際紛争で双方で560万人の戦闘員が参戦、民間人も含む約300万人が死亡し、中国側では毛沢東の息子も戦死した東西大国の代理戦争の朝鮮動乱はようやく休戦という形で一応の平和を回復した。

年表

【朝鮮戦争の年表-1948年~1953年】


1949年(昭和24) 

・この年の後半 米ソが朝鮮半島から軍隊を撤収

1950年(昭和25)

・6月25日に朝鮮戦争が勃発

・10月 中国の義勇兵が参戦

・12月 トルーマン大統領が38度線維持を表明

1951年(昭和26)

・1月    北朝鮮軍・中国軍が猛反攻

    ダレス米講和特使来日、吉田首相に再軍備要請

・4月 マッカーサー司令長官が解任帰国

・9月 サンフランシスコ講和条約

1952年(昭和27)

・4月 海上警備隊が発足

    講和条約/日米安全保障条約が発効

    保安庁法公布

・10月 保安隊の発足

1953年(昭和28)

・7月 日米相互防衛援助(MSA)の交渉開始

    朝鮮戦争(1950~1953)の休戦条約調印

・9月   日米行政協定改定調印

・10月 日本の再軍備が決定(池田・ロバートソン会談)

    米韓相互防衛条約が調印

 
日本と世界
《北朝鮮》朝鮮戦争の休戦
press to zoom
《アメリカ》朝鮮戦争の休戦
press to zoom
《中国》朝鮮戦争の休戦
press to zoom
《ソビエト(ロシア)》スターリン死亡
press to zoom
《ソビエト(ロシア)》スターリン死亡
press to zoom
1/1
時の政治
 

​第50代首相・第4次吉田茂内閣(s27/10~s28/5)

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/50.html

昭和28年3月 バカヤロー解散

昭和28年4月19日第26回総選挙

昭和28年4月24日第3回参議院選挙

昭和28年5月21日 第5次吉田茂内閣が組閣

​第51代首相・第5次吉田茂内閣(s28/5~s29/12)

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/51.html

昭和28年11月17日 日本自由党が結党

《露》スターリン(1878〜1953)の国葬
press to zoom
press to zoom
1/1
女性史
 
保安隊の女性隊員
press to zoom
1/1
 
TOPICS
【初の遺骨収集】
press to zoom
【戦後初の民間航空機事故】
press to zoom
1/1