平成

EU(欧州連合)の発足~EU史~

 
目次

1993年②(平成5年)

ECの発足スタート(1967)
ECの発足スタート(1967)

press to zoom
EC本部(ベルギー、ブリュッセル)
EC本部(ベルギー、ブリュッセル)

press to zoom
マーストリヒト条約の調印国
マーストリヒト条約の調印国

1992年2月調印

press to zoom
ECの発足スタート(1967)
ECの発足スタート(1967)

press to zoom
1/4
 
テキスト本文

1993年②(平成5) EU(欧州連合)の発足 〜EU史〜


二度の世界大戦という大きな犠牲の経験から、1946 年(昭和21)にイギリスのチャーチル首相の発案による「欧州合衆国構想」がスタートし、2年後(1948)の オランダのハーグでのヨーロッパ会議を経て、さらに 4年後(1952)に、戦争の道具となる鉄鋼・石炭を共有 する欧州の共同体システム(ECSC )が誕生した。さら に1957年(昭和32)3月にローマでフランス・西ドイ ツ・イタリア・ベルギー・オランダ・ルクセンブルグの6カ国が調印し、欧州経済共同体(EEC)が発足、また、 欧州原子力共同体( EURATOM)も発足した。さらに 10年後の1967年(昭和42)7月1日に上記のECSC・ EEC・EURATOMの3つが統合されて、ヨーロッパ共同体(EC共同体)が成立した。1973年(昭和48)に はEC共同体にイギリス・デンマーク・アイルランド が加盟した。そしてそれから13年後には、ローマ条 (1957)を大幅に修正した単一欧州議定書が調印され て、1月1日にスペイン・ポルトガルの南欧国もEC共同体に加盟した。そして原点となった「欧州合衆国構 想」(1946)から約半世紀の46年目の1992年(平成4) にオランダのマーストリヒトで共通の外交政策・安全 保障政策を持ち、単一通貨(ユーロ)を導入して統合市 場を形成、さらに各国の一部をEUに権限を委譲することを採択した「マーストリヒト条約」が調印され、 翌1993年(平成5)11月に「EU欧州連合」が発足し、オランダ・ドイツのゲルマン民族とそれ以外のラテン民族の両者が交差するベルギーの首都ブリュッセルにEU本部が置かれることとなった。

年表

【EU年表1946年~1967年


・1946年 チャーチルが欧州合衆国構想

・1948年 ハーグでヨーロッパ会議

・1952年 欧州石炭鉄鋼共同体の発足

・1957年 ローマ条約に調印、欧州経済共同体(EEC)発足

     欧州原子力共同体」( EURATOM)の設立決定

・1958年 欧州経済共同体(EEC)設立

・1967年 EEC→EC共同体

・1973年 EC共同体にイギリスが加入

        ↓

・1993年 1月1日 EC市場統合

     11月1日 EU発足

 
日本と世界
《EU》EU加盟国メンバー
press to zoom
《EU》マーストリヒト条約の調印(1992.02)
press to zoom
press to zoom
1/1
時の政治
 
宮沢喜一首相
press to zoom
細川護熙内閣
press to zoom
細川護熙首相
press to zoom
1/1
女性史
 
press to zoom
外務省のキャリア官僚のご結婚
press to zoom
1/1
 
TOPICS
プロサッカー「Jリーグ」のスタート
press to zoom
「ドーハの悲劇」(ロスタイムで出場権が)
press to zoom
1/1