平成

第一次安倍内閣(2006年~2007年)

 
目次

2007年①(平成19年)

第一次安倍晋三内閣
第一次安倍晋三内閣

press to zoom
安倍晋三首相
安倍晋三首相

press to zoom
福田康夫内閣
福田康夫内閣

press to zoom
第一次安倍晋三内閣
第一次安倍晋三内閣

press to zoom
1/3
 
テキスト本文

2007年①(平成19) 第一次安倍内閣(2006〜2007)


2006年(平成18)9月26日、第90代内閣総理大臣に安倍晋三が就任し、第1次安倍内閣が自民党と公明党との連立内閣として誕生した。日本の憲政史上初の戦後生まれの安倍内閣は、自民党総裁選で支持を受けた議員を優遇した「論功行賞内閣」あるいは「お友達内閣」などと揶揄され、自ら「美しい国づくり内閣」と命名して、前任の小泉純一郎内閣の構造改革の加速・補強していく方針を表明した。また、自身の首相就任への大きなステップとなった北朝鮮による日本人拉致問題の解決への積極的姿勢を打ち出し、外務大臣には 総裁選挙で対立候補となった麻生太郎を再任、連立を組む公明党からは前内閣と同じ国土交通大臣を迎え た。首相補佐官を従来の2名から5名に増員し、国家安全保障に関する官邸機能強化会議を設け、党内きってのタカ派の一面を見せ、平成19年(2007年)1月9日には防衛省が防衛庁から昇格して新発足、3月には オーストラリアのハワード首相と「安全保障協力に関する日豪共同宣言」に署名、4月には来日した中国の温家宝首相と会談し、「戦略的互恵関係」の具体化促進で合意した。5月1日、「戦後レジュームからの脱却」を施政方針演説した首相らしく、憲法改正の手続きを定めるべく「国民投票法」を成立させた。その後は、参議員選挙で与党が惨敗し「衆参ねじれ」状態の中での政権運営に苦しみ、9月12日に持病の悪化で政権を投げ出す形で辞任となり、後継内閣には福田康夫内閣が成立した。

年表

【2007年(平成19)年表】


・1月 防衛省が発足

・2月 過去の年金掛け金の納付記録5000万件が不明

  (消えた年金問題)      

・4月「改正男女雇用機会均等法」施行(出産

   休暇など取りやすく、セクハラ対策など) 

 ・5月  改正刑法成立( 危険運転致死傷罪を創設)             

・7月 新潟中越沖地震(M6.8)

   参議院議員選挙で女性26人当選 

・9月 福田康夫内閣発足、女性閣僚2人(内閣府特命担当相)

・10月 郵政民営化スタート                          

・11月 最低賃金法が改正、労働契約法が成立

・12月 改正政治資金規制法(1円以上の領収書の公開)

・日本のジェンダー・ギャップ指数で128カ国中91位    


《世界の動き》  


・2007年、EUにブルガリア、ルーマニアが加盟(1月)

・2007年、中国の温家宝首相が来日(4月)

・2007年、フランス大統領にサルコジ大統領が就任(5月)

・2007年、ドイツでハイリゲンダムサミット開催(6月)

・2007年、英ブレア首相が辞任、ブラウン首相就任(6月)

・2007年、米下院が慰安婦問題で日本に公式謝罪を求む(7月)

・2007年、インド初の女性大統領が誕生(7月)

・2007年、サブプライム問題についてG7共同声明(10月)

・2007年、福田康夫首相が訪中(12月)

・2007年、韓国大統領にハンナラ党の李明博が当選(12月)

・2007年、パキスタンのブット元首相が暗殺(12月)

 
日本と世界
《首相訪中-14回目》福田首相と胡錦涛国家主席
press to zoom
《インド》インド初の女性大統領が誕生
press to zoom
1/1
時の政治
 
安倍晋三首相
press to zoom
第一次安倍晋三内閣
press to zoom
福田康夫首相
press to zoom
福田康夫内閣
press to zoom
1/1
女性史
 
「らいてう(平塚らいてう)の家」(建築中)
press to zoom
フィギアスケート安藤美姫
press to zoom
インド初の女性大統領の誕生
press to zoom
1/1
 
TOPICS
初音ミクの登場
press to zoom
1/1